C58363について

SLパレオエクスプレスについて|c58363について|SL転車台公園について

横からみたC58363
C58363車両データ
運転整備重量 機関車58.70t 炭水車41.50t 計100.2t 台車形式 先台車LT-127 縦台車LT-155
空車重量 機関車53.60t 炭水車18.50t  計72.10t 駆動装置 ワルシャート式弁装置
最大寸法
(長さ×幅×高さ)
18275×2936×3940mm ブレーキ装置
の種類
ET6形空気ブレーキ
及び手ブレーキ
シリンダ牽引力 12570kg 連結器の種類 柴田式下作用

C58(シゴハチ)形は昭和13年から22年にかけて427両が製造された機関車です。
釧網本線、陸羽東線、陸羽西線、房総各線、高山本線、関西本線、紀勢本線、四国の全線、芸備線、志布志線など、全国各地に思い出が残されている客貨万能の名機です。
ボイラーの圧力はC57(シゴナナ)形と同じ16.0kg/cm2、動輪の直径は1520mmと高速性能を重視し、軸配置はテンダ機関車では唯一の1C1としました。
機関車と炭水車の間の踏み板は、固定した床にあらためられて作業性の配慮をしたほか、密閉型運転室を採用しました。
運転整備重量は58.70t、軸重は13.5tと、軌道条件から丙線と呼ばれた線区へ入線が可能な設計です。

ナンバープレート

黒色ナンバープレート(形式あり)

赤色ナンバープレート

青色ナンバープレート
(秩父鉄道創立120周年記念)

機関車の前後左右についているナンバープレートのアルファベットや数字は機関車の形や大きさをあらわしています。
■C=動輪の数が3つついた機関車(Bなら2つ、Dは4つ、Eは5つです)
■58=運転室の後ろに炭水車(テンダー)を連結している大型機関車で8番目の形
(50~90番台がこのタイプで、10~40番台が運転室と炭水車が一体型の小型機関車を意味します)
■363=C58形のなかで363番目に作られた機関車
※秩父鉄道では、イベントや記念行事にあわせ、赤や緑のナンバープレートを掲出して運転しています。

スモークデフレクター(除煙板)

標準デフ(特別装飾)

門鉄デフCH-1

門鉄デフCH-2

煙がスムーズに後方に流れるように気流を導くのがスモークデフレクター(除煙板)で、日本の蒸気機関車では、通常煙突の左右側面に大きな屏風のような鋼板を設けています。秩父鉄道では、イベントに合わせてデフ装飾を実施することがあります。秩父鉄道には標準タイプの他に2種類の門鉄デフがあります。
★門鉄デフと呼ばれるデフレクターは、標準デフの下部を切り取って機関車の歩み板(ランボード)上に鋼材で取り付けたものです。国鉄門司鉄道管理局(略して門鉄)管内の蒸気機関車で多用されたため、門鉄デフ・門デフと呼ばれ親しまれています。

動輪とボイラー

C58363の動輪

C58は、客車も貨物もひける万能機関車として活躍しました。
スピードを出して客車をけん引するためにつくられたC57はC58よりも一回り大きな動輪が3つ、ボイラーも細長くスマートです。一方、スピードよりも重い貨物などをひくためにつくられたのがD51、小さな動輪4つと蒸気をたくさんつくるための太くて大きなボイラーが特徴です。
C58は中くらいの動輪が3つ、ボイラーも中くらいです。C57ほどスピードは出ず、D51ほど重いものを運べませんが、そのかわりにどんな線路でも走れる便利な機関車です。

【動輪直径】■C57:1750mm ■C58:1520mm ■D51:1400mm

C58363の経歴

復活記念のC58363

現役引退から15年間を経て、待望の復活をはたしました。

C58363の経歴
昭和19年2月19日 川崎車両で新製
昭和19年 4月 2日 釜石機関区 山田線(盛岡~釜石)
昭和22年 9月 5日 仙台機関区 仙山線(仙台~山形)
昭和25年11月1日 長町機関区 長町機関区入換用
昭和40年10月22日 陸羽東、石巻管理所 石巻線(小牛田~女川) 陸羽東線(小牛田~新庄)
昭和41年 2月12日 郡山機関区 磐越西線(郡山~新潟)
昭和41年 8月24日 新庄機関区 陸羽西線(新庄~酒田)
昭和47年10月 2日 廃車 走行キロ 1,054,826キロ
昭和48年 5月31日 吹上小学校保存(旧国鉄から貸与)

蒸気機関車のしくみ

しくみC58363の動輪
世界で一番はじめの蒸気機関車(SL=Steam Locomotive)は、1804年にイギリスで誕生しました。
SLはお湯を沸かして蒸気をつくるボイラー、その蒸気を走る力に変えるシリンダーやロッド、動輪、機関士さんが乗る運転室(キャブ)などからできています。うしろに連結しているのは蒸気をつくるための水と石炭を積む炭水車(テンダー)です。
ボイラーで石炭を燃やすと、その熱い火と煙はたくさんの細長い管に流れています。管のまわりには水がとおっていて、その水が熱で蒸気に変わりSLを動かす力になります。
水を蒸気に変えた後の煙はえん室をとおって煙突から外に出ます。
ボイラーでできた蒸気は「蒸気だめ」というボイラーの上にあるラクダのこぶのようなドームの中にためられ、機関士さんが運転室のレギュレターハンドル(自動車のアクセルの役目)を引っ張るとシリンダーに入ります。シリンダーに入った蒸気はピストンを後ろに押します。ピストンが一番後ろまでいくと、今度は蒸気がピストンの反対側に流れ、前に押します。
ピストンが前・後ろに動く力はロッド(シリンダーと動輪をつないでいる太い棒)に伝わってSLの動輪をまわします。これを繰り返してSLは前に進みます。

SL運転室には通常、機関士と機関助手の2人が乗っています。機関士が運転機器の操作を行い、機関助手はSLを動かすために必要な力(蒸気)を作っています。
SLパレオエクスプレスは、熊谷駅から三峰口駅間1往復で約1トンの石炭が必要です。SLのごはん(石炭)を機関助手は1回1回釜の中にスコップで入れます。
その窯の温度は最高で1200度にも達します。その熱で水を沸騰させて発生させた約100度の蒸気に、さらに熱と圧力を加えて300度から400度の過熱蒸気にします。その加熱蒸気の力を利用してSLは動いています。