パレオエクスプレスについて

パレオエクスプレス誕生と由来|c58363車内放送&12系客車車両編成のご案内

昭和63年復活したC58363

C58363(シゴハチ サンロクサン)は、かつて東北地方などの旧国鉄(現在のJR)で活躍したSLです。
昭和47年に現役引退後は、吹上町立吹上小学校の校庭で小学生と一緒にのんびりと余生を送っていましたが、さいたま博覧会(昭和63年3月19日から5月29日まで熊谷市で開催)にあわせて「SL運行を!」の声があがり、その大役にC58363が抜擢されたのです。
昭和62年に車籍を復活。昭和63年に秩父路のSLパレオエクスプレスとして誕生しました。

パレオエクスプレスの由来

パレオパラドキシアの骨格復元像

「パレオ」は秩父地方におよそ2000万年前に生息していた海獣パレオパラドキシアにちなんだ名前です。
パレオパラドキシアとはラテン語で「昔の不思議な動物」という意味があるそうです。大昔、秩父地域は海の底にあったことが数々の化石により証明されていますが、その中でもパレオパラドキシアの化石は珍しく、世界でも数体しかありません。
その貴重な文化遺産から「パレオ」を、急行を意味する「エクスプレス」とあわせて、「パレオエクスプレス」という愛称が生まれました。
※パレオパラドキシアの骨格復元像が埼玉県立自然の博物館(上長瀞駅下車徒歩5分)に展示されています。

パレオパラドキシア

パレオエクスプレスのオリジナルキャラクター「パレオくん&パレナちゃん」はこの海獣「パレオパラドキシア」のこどもです。 本物の「パレオパラドキシア」はちょっとコワいけど「パレオくん&パレナちゃん」はとってもかわいいキャラクターです。イベントのご案内をしたり、お友達をつくるべく駅にお出かけしてパレオエクスプレスを盛りあげています。

パレオエクスプレスの運転実績と経歴

昭和63年 (1988) 平成元年 (1989) 平成2年 (1990) 平成3年 (1991) 平成4年 (1992) 平成5年 (1993) 平成6年 (1994) 平成7年 (1995)
運転日数 71 128 122 76 75 76 75 73
平成8年 (1996) 平成9年 (1997) 平成10年 (1998) 平成11年 (1999) 平成12年 (2000) 平成13年 (2001) 平成14年 (2002) 平成15年 (2003)
運転日数 52 68 66 65 76 84 89 89
平成16年 (2004) 平成17年 (2005) 平成18年 (2006) 平成19年 (2007) 平成20年 (2008) 平成21年 (2009) 平成22年 (2010) 平成23年 (2011)
運転日数 60 94 96 89 95 91 95 75

平成16年ファーストラン

平成16年7月24日ファーストラン

平成16年3月運転開始直前、機関車不具合のため、一時運転を見合わせましたが、修繕をおこない見事復活!同年7月24日4ヶ月遅れのファーストランとなりました。

1900回運転達成記念号

目指せ!2000回運転

目指せ!2000回運転

パレオエクスプレスの経歴
昭和62年2月28日 吹上小学校より復線実施
昭和62年3月6日 車籍復活
昭和63年3月15日 秩父鉄道 熊谷~三峰口間運転開始
秩父路のSL「パレオエクスプレス」誕生
(財)埼玉県北部観光振興財団所有(秩父鉄道は受託運行)
平成12年 牽引する客車を旧型客車から12系客車へ
平成14年 運行15周年記念
平成15年 秩父鉄道自主運行開始
平成16年

**祝・還暦C58363製造60周年記念**
赤いナンバープレート掲出運行
平成17年
PALEOカラー(緑)ナンバープレート掲出運行
平成19年 5月19日 運行20周年記念号運転(熊谷-広瀬川原間)
7月21日 運行20周年イベント
  秩父鉄道・東武鉄道合同リレーイベント開催
その他 ◆1000回達成日…平成12年9月17日
◆1100回達成日…平成13年11月10日
◆1200回達成日…平成15年3月29日
◆1300回達成日…平成16年8月21日
◆1400回達成日…平成17年8月19日
◆1500回達成日…平成18年8月25日
◆1600回達成日…平成19年9月24日
◆1700回達成日…平成20年10月13日
◆1800回達成日…平成21年11月3日
◆1900回達成日…平成22年11月20日