4/13・14・20・21「SLパレオエクスプレス 旧型客車特別運行」☆懐かしの編成が25年ぶりに期間限定復活!

秩父鉄道株式会社(本社:埼玉県熊谷市、代表取締役社長:牧野 英伸)は、東日本旅客鉄道株式会社高崎支社(所在地:群馬県高崎市 執行役員高崎支社長:樋口 達夫)協力のもと、東日本旅客鉄道株式会社ぐんま車両センター所有の旧型客車を借用し、SLパレオエクスプレスけん引にて旧型客車を4月13日(土)14日(日)20日(土)21日(日)の4日間特別運行いたします。SLパレオエクスプレスとして運行する蒸気機関車C58363(シゴハチ サンロクサン)号機は、2024 年2 月19 日に製造から80年を迎えたことから、傘寿を祝う特別企画として今回実現いたしました。
SLパレオエクスプレスの運行開始当時から11年間(1988年~1999年)は旧型客車で運行しており、今回秩父鉄道線内を旧型客車で運行するのは約25年ぶりとなります。通常の12系客車とは異なる仕様の客車でSLパレオエクスプレスの旅をお楽しみください。

SLパレオエクスプレス 旧型客車特別運行について

  • 運 行 日  2024年4月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日) 計4日間
  • 運行区間   秩父鉄道熊谷駅~三峰口駅間 1 日一往復(全席指定席)
  • 車両編成   SL(C58363号機)+旧型客車4両(ラウンジカー1両含む)
  • 乗車方法   乗車区間分の普通乗車券のほかに「SL 指定席券」が必要
  • 事前購入方法 当社ホームページ「秩父鉄道 SL 予約システム」より
    運行日の 1 か月前午前0 時から出発の30 分前までの事前予約・購入
  • ※客車の座席位置及び座席数が通常のSLパレオエクスプレス(12系客車)と異なります。
    ※各日満席になり次第受付終了

  • 「SL指定席券」料金(大人・小児同額)・決済方法
  • ① 「秩父鉄道SL 予約システム」から事前予約 1,000 円(税込)※クレジットカード決済
    ②駅窓口購入1,100 円(税込)※現金支払い
    ※運転状況により運転区間・時刻が変更になる場合があります。
    ※やむを得ず急きょ客車のけん引機がSLからEL(電気機関車)に変更になる場合があります。

旧型客車について

旧型客車とは、旧国鉄の客車のうち、10系客車以前に製作された客車の総称です。今回の特別運行で運用する旧型客車は、JR東日本ぐんま車両センターに所属しており、1938〜1954年に製造されたもので、茶色の車体が特徴です。
車内は木目調の内装で、4人掛けのボックスシートです。
秩父鉄道ではSLパレオエクスプレスの運行開始当時から11年間(1988年~1999年)は旧型客車で運行しており、今回運用する旧型客車の1両「スハフ32-2357」はかつて秩父鉄道線内でも活躍していました。
また、グッズや飲食物等の車内販売はラウンジカーにて実施いたします。




JR東日本 商品化許諾済

《列車を撮影される方へお願い》
・列車撮影時に鉄道敷地内、私有地への立入、ホームから降りる行為は絶対におやめください。
・場所取り行為や路上駐車は近隣の方のご迷惑となりますので、おやめください。

報道発表資料

(2024年3月7日(木)15:00発表)